バシヒデのブログ

Bashihideblog.com

自己紹介ブログ

自己紹介ブログ1【少年編】

少年時代

【目指すはプロ野球選手!】

小学3年の頃、横浜市金沢区から三浦郡葉山町の小学校に転校した。

当時はサッカーをやっていたのだが、転校先の学校では野球が盛んだった。

週末は町内のソフトボールチームにて毎週練習や試合、学校の放課後はほぼ毎日

同級生等と軟式の野球を日が暮れるまでやっていた。

【野球が下手だった】

小学生時代、運動神経は学年でも良い方だった、特に短距離走では学校内でもBEST5位には

入っていたと思う。中学生になったとき迷わず野球部に入部した。

しかし当時はサッカーJリーグが発足、バスケット漫画スラムダンク等の

影響もあってか野球部の人気はなく同級生の部員は7人しかいなかった。

中学校の部活動ともなれば、当然、小学時代の放課後の草野球の様にはいかない。

先輩との上下関係や授業前に行われる朝練、放課後も19時頃まで練習をすることもあった。

毎日しんどかったし、僕は野球が下手だった主に球拾いがメインの中学1年の頃は

とにかく先輩が怖くて、転がってきた球の返球をすると

高確率でショートバウンドになってしまった。その度に先輩は「チッ」

言ってはギロッとした目で僕を睨んだ。

【ある日突然開花した実力】

中学2年になるとセンターのポジションを与えられたが当然補欠だった。

レギュラーになるため学校での練習が終わってからも家で素振りをしたり、

テスト期間中も、休みの日も壁当て練習等をしていた。

ある日のバッティング練習で、当時のエースがバッティング投手を務めていて

僕が打席に入ったとき、軽く振り抜いた打球がグングン伸びて

90m位先にあるテニスコートの辺りに落ちた、いわゆる本塁打性の当たりだった。

普段後輩に喋りかけてくる先輩ではなかったのだが、

練習後に「お前今日、俺の球を凄い所まで飛ばしたよなぁ!」「すげえじゃん!」

と言ってきた。その日を境に僕はスイングも良くなり、守備能力も上がり、

怖かった外野フライも難なく捕球、返球できるようになってきた。

「あっ、俺うまくなってきてる」って感じた瞬間があった。

甲子園名門校の壁

【嬉しかった地区大会優勝】

他チームには競合高校からスカウトされるほどの実力者もいた逗葉地区

同級生が7人しかいなかった僕等のチームは、下馬評を覆すかのように大会で優勝した。

決勝戦では初回、先頭打者である僕は二塁手強襲のヒット、エラーも絡み

一気に3塁まで進んだ。更に後続の安打で得点し、

波に乗ったチームはそのまま勝った。その後の三浦半島大会では2回戦で

負けてしまったが、あの弱小チームで頑張ってきて、勝てたことは非常に嬉しかった。

【そこにいたのは!】

両親や学校の先生の進めで僕は高校野球の強豪校、私立横浜高校に入学した。

ここでもなんの迷いもなく野球部に入部した。

横浜の野球部には、推薦で入部した者と一般で入部した者がいる。

僕は一般で入部したのでユニフォームは白ユニにマジックペンで名前を書いたもので

推薦者は春休みから練習に参加していることもあって、既にあの憧れの

YOKOHAMAの文字が入ったユニフォーム着ていた。

ある日、着替えているとどこかで見たことあるような顔の部員がいた

既にYOKOHAMAユニを着ているのでおそらく推薦入学者だろう。

そこにいた彼は中学時代に対戦してノーヒットノーランを喰らった投手だった。

僕から話しかけると対戦したこと自体は覚えていたが、僕のことは知らなかった。

【もっと凄いのいるから!】

とにかく彼は凄い投手で、当時負けたあと「彼絶対プロ行くよなっ」て話していた記憶が

蘇り、冷静になり「とんでもない所来ちゃったなぁ(汗)」

と自分の居場所を認識した。当時のやり取りこんな感じ。

同級生A
「俺なんか全然だめ、もっと凄いのいるからレギュラーは難しいよ」
「だって君のカーブ消える魔球じゃん」「実際に俺見えなかったし」
バシヒデ
「直球だって130km/h位出てたっしょ」「キレも半端ないし」
バシヒデ
同級生A
「それでもここで勝つのは難しい」「もっと凄いのいるから」
「マジか」…
バシヒデ

【筋肉の鎧を着た巨漢】

僕は中学野球時代、足の速さには自身があった

学校内でも3〜5番目位だったと認識している

野球部内のベースランニングでも、チーム1,2,を争うほどだった。

が、しかし!!

横浜野球部は訳が違った(泣)

皆様は一般的に巨漢な人って足が遅いという

イメージありませんか?

それは違う!のです。全てがそうではありませ〜ん!

筋肉の鎧を着た巨漢な人は足がとても早い場合もあります。

【僕と怪物くん達】

ある日の練習でベースランニングタイムを計測する日があった。

二人ペアで僕と組んだのが関西方面からスカウトで入ってきた

ガッチリとした巨漢な人だった。

「ベーランは勝てるっしょ、余裕で」

って思った自分が馬と鹿だった。

巨漢だからスピードはないと甘く見た僕の負け。

しかも圧倒的な差で。

更にふと、横を見るとキャッチボールで

既に140km/hは優に超えてるんじゃないか

という直球を投げる

同学年が何人もいるし

バシヒデ
何この怪物ランド、む…無理かも…

【ブルペン行ってみろ!】

横浜野球部は1年生はもちろん雑用等行うのだが、当時、練習もしっかりとすることができた

白ユニで参加している僕ですらキャッチボールや、打撃練習を行うことができた。

ある練習の日、中学時代、横須賀選抜だった軟式野球部界隈では有名な捕手と

キャッチボールをしていると当時のコーチが僕に近づき

「お前面白い球投げるじゃん」「ちょっとブルペン行ってみ!」

と言ってきた。

バシヒデ
マジっすか!?

とは言わなかったが、内心「やった」って思った。

だってブルペンて言ったら投手の聖地ですよね。しかも名門横浜の。

コーチに「分かりました!」と大きな返事をし

僕は相手の捕手と一緒にブルペンに小走りで向かった。

【エースを狙え!?】

ブルペンに向かう途中色んな思いが走馬灯のように巡った。

僕は本当にプロ野球選手になれるのかもみたいな…

一歩、二歩とブルペンが近づくと

大きな人が僕に近づいてきて

先輩X
おい小僧ちょっと待て!どこ行くんじゃい
ええ。ブルペンですが、コーチが行けと
バシヒデ
先輩X
戻れ!
で、でもコーチの命令ですから…
バシヒデ
先輩X
もーどーれー!!⚡
は、はい。
バシヒデ
先輩X
大体誰だお前は!?
先輩X
ちなみに言っておくが、お前のようなやつが気軽に来る場所じゃない、戻れ!

というやり取りがあり、あえなく退散。

あれは、おそらく当時の背番号1の方だっただろう。

【大好きだった野球を辞めた】

明くる日学校へ行くと、昨日ブルペンに一緒に向かった捕手が一緒のクラスだったのだが

「俺、野球部辞めるわぁ!」「一緒にコーチの所付き合ってくれないか」

と言ってきた。

バシヒデ
ああっ!?いいけどマジかよ…

コーチを目の前にし、彼は言った。「俺野球部辞めます」と。

コーチは特に理由を聞くでもなく「そうか、分かった」と彼に返事をした。

そして目線を僕に向け「お前は何なんだ!?」「え!?」

と鋭い眼差しで顔を近づけてきた。

僕は辞める気など全く無かった。そう辞める気はなかったのだ。

しかし次の瞬間僕の口から思いもよらぬ一言が…

「ぼっ、僕も辞めます…」

コーチは特に理由を聞くでもなく「そうか、分かった」

と言ってその場を去った。

続く…

次回は音楽家に転身していく話!

サウンドハウス

📷メインチャンネル詳しくはコチラ

♫サブチャンネル詳しくはコチラ



スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Bashihide/バシヒデ

バシヒデ/Bashihideです。 トラックメーカー、歌い手、動画クリエーターの僕が配信するお気楽なブログです。 YouTubeでは音楽作成動画や、歌、旅動画、映画や商品レビューなどを月に5〜10本程度配信しています!コラボ等歓迎しています。YouTubeやTwitterにコメントください!

-自己紹介ブログ
-

Copyright© Bashihideblog.com , 2020 All Rights Reserved.