バシヒデのブログ

Bashihideblog.com

トレンド クリーエーティブ

2020年 初心者必見!Youtube動画配信を始めるために必要なこと

始めに

2020年現在、Youtubeへ動画をアップしている人が物凄く増えてきています。それは子供の成長記録動画や、腕自慢の料理動画可愛いペット動画など多種多様です。

近頃は有名芸能人や現役スポーツ選手一流企業の社長や、プロの動画編集者など、名声ある者もYoutubeへどんどん動画を、アップし始めています。

そんな中、自分もそろそろYoutube動画を始めたいと考えているが、どのように始めたら良いか、分からない方や、おすすめのパソコンスペックや、おすすめの編集ソフトやカメラ、撮影機材等を、お探しの方必見のブログを作成しました!

YouTubeを始めるにはこれが必要!

YouTube動画作成に最低限必要なもの

  • パソコン
  • グーグルアカウント、YouTubeチャンネル
  • カメラ又はカメラ機能付きスマホ
  • 動画編集ソフト

 

YouTubeを始めるのにパソコンのスペックはどれくらいが良い?

動画を作成するにあたり、パソコンはとても重要な物となります。スマートフォンの動画編集アプリを活用しての編集、YouTubeへのアップロードは可能ですが、本格的に動画作成を行うなら、やはりパソコンが必要となります。

おすすめのスペック教えてください!
メモリは8〜16GB程度、HDDは外付けHDDもおすすめだよ!

Windowsパソコンでも、Apple製品のパソコンでも共通して言えることは、メモリは大きいほうが、より良いです。

メモリが大きければ大きいほど、編集作業効率はアップします。因みに筆者は2016年製のMacBook Proに16GBのメモリを搭載しています。

パソコンのメモリは例えるなら机です

狭い机で作業をするよりも、大きな机で作業するほうが、パソコンにとって良い環境です。動画というのは、データー容量が大きいため、狭い机だと、すぐに机が一杯になってしまいます。

机、つまりメモリが大きいほうが、パソコンの脳が、データを整理、処理しやすく、よりスピーディーに効率よく作業を行ってくれます。

メモリ4GBでも動画の編集が、出来ない訳ではありませんが、動作はかなり遅かったり、編集ソフトがクラッシュしてしまう可能性が高いです。

近年の技術の発達により、パソコンのメモリをカスタマイズしても、値段はお求めやすくなってきています。ですので初心者から中級者には8GB〜16GBをおすすめします。

動画の作成にも慣れてきて、更に高みを目指すような、動画クリエータになってきたら、メモリの容量を32GBや64GBにしてみるのも良いかもしれません。

YouTuberおすすめのハードディスク用量は?

では、ハードディスクの容量はどれくらいが良いのでしょうか。これは一概に数字を、述べるのは難しいかもしれません。自分の運用の仕方で変わってきます。

動画の素材データや、編集ソフト内のデータ等を、外付けハードディスクや、クラウドサービス内に保存しておけば、パソコンのハードディスク容量はそれほど圧迫されません。

データ管理は外付けハードディスクで!

自分がどのように、データファイルを保管しておくかによって、ハードディスクの必要容量は変わってきます。例えば現在128GB〜512GB程度のハードディスクを搭載している、パソコンを使用しているなら、外付けハードディスクを使って、動画を作成することをおすすめします。

パソコンに1TB以上の大容量のハードディスクを、搭載している場合でも、動画の編集等を行っていると、すぐにハードディスク容量は、一杯になってしまいます。

ですので、この場合も外付けハードディスクを使い、データやデータ容量をしっかり管理しながら、YouTubeの作成を行うことをおすすめします。

バックアップ保存のためにも外付けハードディスクは必要!

パソコン自体のハードディスク容量が、4TB でも8TB でも外付けハードディスクを、一つは持っておくことをおすすめします。それは大事なデータを外付けハードディスクに保管しておくことによって、パソコンが壊れてしまったときでも、すぐに対応することができるからです。

大事な映像データや写真のデータは、極力外付けハードディスクに保存し、パソコンのバックアップもこまめに行うことをおすすめします。

YouTubeを始めるためにGoogleアカウントを作ろう!

YouTubeで自分のチャンネルを作るには、Googleアカウントが必要になります。その為にはまず、Gmailアドレスを作成しましょう!

OK! Google!まずはGmailアドレスが必要なんだね!

出典:Googleアカウント作成はここから

バシヒデ
チャンネルの作り方は下記の動画を参考にしてね!
説明は英語だけど真似して作ってね

※下記の動画はGoogle公式資料です

YouTube動画を作るためのカメラ選び

YouTuberの命とも呼ばれている物、それはカメラです。自分をより綺麗に写してくれる、ペットの動きを逃さず最高のシーンを撮影することが出来る、表情豊かな景色を色鮮やかに残してくれる、など種類は様々です。

最近ではYouTube作りやV-log作りに、特化しているカメラも登場しています。ここでは、これからYouTubeやV-log作りを始めようと思っている方や、新しいカメラを探している方に、おすすめのカメラをいくつか紹介します。

SONYサイバーショットDSC-RX100M7

出典 :SONY公式より

2019年に発売されたSONYのDSC-RX100M7は、クリエーターを満足させるプロレベルの動画性能です。その評価はSONYの最高級デジタルα9と比較しても劣らない性能を持つと言われています。

特徴として、激しく動く被写体を捉える世界最速高速AFや、動物にも対応する瞳認証機能、高倍率ズーム、などがあります。コンパクトな仕上がりで外での撮影が多い方にはとてもおすすめです。

静止画の評価も高く、例えば走っている列車なども疾走感ある、迫力ある画像を残すことが出来ます。このサイズでマイク端子を搭載している点などからも、おすすめのカメラです。

Panasonic Gシリーズ

出典:Panasonic公式

有名YouTuber瀬戸弘司氏やギュイーン徳川氏などの動画により、PanasonicのLumix G シリーズ、特にGH4.GH5はYouTuberにとって、とてもおすすめなカメラであるということは、言うまでもありません。彼らの動画を観ていただければ、Gシリーズの性能の良さは一目瞭然です。

筆者もYouTube動画を作成していますが、私はLumix GX8を使用しています。流石にGH4.GH5には敵いませんが、十分満足できる映像を残すことが可能です。ただ、僕の使っているGX8は既に生産されていません。

その、後継機種として注目を集めているのが、Lumix G9Proです。この機種の売りは、巷では動画よりも、静止画撮影に向いているとの評価ですが、2033万画素、4k60p対応、強力な手振補正機能も搭載されていることから、YouTuberにおすすめです。

GH5(ボディ)は価格が20万円前後、 G9PRO(ボディ)は14万円前後、この辺りも考慮すると初心者の方が、カメラ選びをする際の候補品にG9Proを入れておいても良いでしょう。

Gopro

出典:Gopro公式

コンパクトサイズで高画質、高音質、動きのあるアクションから自撮りまで、あらゆるシーンで活躍することができるGoproシリーズは、動画クリーエーター必須アイテムと言っても過言ではありません。

値段は、新旧含め3万円〜7万円の間で販売されていることが多く、コスパも質と合わせて最強クラスです。世界で最も万能なアクションカメラ、こちらは是非おすすめの一品です。

Gopro女子という言葉が流行するほどで、更にカメラに対応しているアクセサリーも充実。自分好みにカスタマイズして、YouTubeやV-log撮影に挑戦しましょう。

スマートフォン

最も手軽で、最も身近な存在、それはスマートフォンのカメラです。わざわざ高級な一眼レフカメラや、コンパクト・デジタルカメラを購入しなくても、いっぱしの動画を作ることができます

プロの動画編集者でも、海外の野外ロケなどでは、スマホを使って撮影し、そのデータを編集し、YouTubeにアップしている方も多くいます。

スマホ用のスタビライザーや、専用の外付けマイクなどを使えば、より良い動画を 作ることもできます。既にスマホをお持ちなら、コスパは最強です。

YouTube動画編集おすすめのソフトは?

編集ソフトは、どれを使って良いのか分からないなぁ
いくつか候補品をあげますね!
バシヒデ
初心者向動画編集ソフト filmora9

ポイント

高機能、オシャレなエフェクト、直感操作で簡単な次世代型動画編集ソフト Win/Mac

無料体験版もあり、値段が7,980円(別)とリーズナブル。初心者が、小難しそうな動画の編集になれるには、とっつきやすいソフトです。

一部ユーザーからは、日本語のフォントが少ない、音声波形の見やすさの改善などの声も上がっていますが、今後のバージョンアップが大いに期待できます。

エフェクトの充実、グリーンスクリーンを使ったクロマキー合成機能、ビデオの色調整など、Premiere ProやFinal Cut Proなどにも劣らない次世代型動画編集ソフトです。

Adobe Premiere Elements

ポイント

使いやすさを追求したAdobePremierシリーズ Win/Mac

買い切り型のソフトで、値段はメーカー価格17,800円で販売されています。初めて動画編集する方にとってのハードルは低く、簡単編集が売りです。

機能も充実していて、プロ並みに仕上がる編集機能の他、写真の空をアニメーション化、タイムラプスビデオの作成、ノイズ対策や手ブレ補正機能など

プロが時間を掛けて行う作業を、簡単に行ってくれるような、優れたソフトです。こちらも体験版が用意されているので、一度試してみる価値はあります。

AdobePremier Pro

出典:Adobe公式

ポイント

プロ使用の本格的編集ソフト 月学使用料金制 Win/Mac

将来、動画編集を本気で仕事にしていきたいと考えているならば、迷わず選択しても後悔はないでしょう。月額使用料金2,480円(別)がネックにならなければ、是非ともおすすめのソフトです。

YouTuber瀬戸弘司氏やカズチャンネルのカズ氏、水溜りボンド等が使用していることでも有名です。映画やテレビ業界でも使用されている本格的プロ仕様の、AdobePremierProを初心者の段階から使うというのは、かなりありです!

定期的なアップデートにより、常に最新の技術で動画の編集ができるはAdobePremierProだけです。

数々の名作がAdobePremierProから生まれています。

出典:Adobe公式

Apple Final Cut ProX

出典:Apple公式

ポイント

MacユーザーにはやはりFinal Cut ProXがおすすめ! Macのみ

Apple Final Cut ProXは、AdobePremierPro同様にプロ向け編集ソフトとなっています。買い切り型でおよそ36,000円です。長く動画編集を続けていくならば、決して高い値段ではないと思います。

HIKAKIN氏や、はじめ社長氏が使用していることでも有名です。編集のHow to動画も多く存在し、解説動画等を観て動画編集の研究もしやすい点はとても魅力的です。

Macでしか使えないというのが、結付の難点ですが、以外にも初心者でも扱いやすい点は、さすがApple製品といったところです。奥は深いですが、使いこなすことができれば、まさに鬼に金棒。

YouTube動画配信を始めるためには:まとめ

如何でしたか?これからYouTubeを始めようと思っている方や、撮影環境を改善したいと考えている方に少しでも、お役に立てたでしょうか。

カメラや編集ソフトは、ここに載せたもの以外で、もっと自分にあったものが見つかるかもしれません。様々な情報の一部として、貴方の動画作りのヒントに慣れたのならば幸いです。

動画を作成してYouTubeにアップすることによって、多くの人へ感動や夢を与えることが可能です。Googleの掲げているポリシーを守り、素晴らしい動画作りの生活を、筆者は応援しますし、自分もより一層高みを目指していきたいです。

この度はありがとうございました。

開いて180度3D、たたんで360度撮影
愛しい日々をもう一度Insta360 EVO



 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Bashihide/バシヒデ

バシヒデ/Bashihideです。 トラックメーカー、歌い手、動画クリエーターの僕が配信するお気楽なブログです。 YouTubeでは音楽作成動画や、歌、旅動画、映画や商品レビューなどを月に5〜10本程度配信しています!コラボ等歓迎しています。YouTubeやTwitterにコメントください!

-トレンド, クリーエーティブ

Copyright© Bashihideblog.com , 2021 All Rights Reserved.